インテリア

自分で住まいを探すコツ|賃貸の情報をきちんと収集することが鍵

メリットの多いマンション

間取り図

東京で入居審査のゆるい物件を探しているなら、マンスリーマンションがおすすめです。マンスリーマンションであれば手続きが簡単で、駅の近くに立地している場合が多いので、ビジネスマンや学生の方の役に立ちます。

いくつかチェックしよう

集合住宅

大阪に出張や単身赴任をすることになった場合、梅田のウィークリーマンションを利用してみるといいかもしれません。1週間以上の長期滞在なら重宝するからです。実際に、出張などで利用する人が多くなっています。いくつかピックアップしておきましょう。

短期滞在と長期滞在

部屋

東京に短期滞在するのであればビジネスホテル、長期滞在するのであればマンスリーマンションの方がメリットが高くなります。東京で一人暮らしを始めるときの初期費用を安く抑えたいのであれば、マンスリーマンションの利用をおすすめします。

物件を借りるときの費用

空き部屋

家賃以外の費用に注意

六本木で賃貸物件を探すときは、勤務先や通っている学校から遠くない場所を選ぶようにしましょう。あまりに遠すぎると行き帰りに時間がかかるとともに、交通費が高くなってしまいます。せっかく家賃の安い賃貸物件に住めたとしても、毎月の交通費が高くなってしまったら意味がありません。六本木の賃貸物件を選ぶときは家賃だけを見て決めずに、通勤や通学にかかる交通費のことも考えて選ぶようにしましょう。また、部屋の数が多かったり広い部屋のある物件を借りてしまうと、毎月の電気代が高くなってしまうので注意が必要です。賃貸物件を探すときは家賃だけにとらわれず、毎日の生活費を含めたトータル費用の安い物件を探すようにしましょう。

エリアをしぼろう

六本木に引っ越したいと思ったら、まず始めに賃貸物件を探すエリアをしぼってみましょう。エリアをしぼるときは、通勤や通学にかかる時間を考えて、勤務先や学校からあまり遠くないエリアを選ぶようにしましょう。予算に余裕のある人であれば、駅の近くのエリアがおすすめです。駅の近くであれば、六本木以外のどこに行くにもアクセスが便利で、駅周辺にショッピングセンターなどの施設も充実しているので、快適に生活を送ることができます。家賃が予算内に収まらないのであれば、エリアを再検討してみると良いでしょう。賃貸物件の家賃は一般的に、街の中心から遠ざかれば遠ざかるほど安くなる傾向にあるので、予算に合ったエリアを探してみましょう。